For Others 125人の人物ファイル図鑑

file no.3

名前
小野 大
性別
男性
年齢
53歳
回生
33回生
出身中
城西中
小野 大

現在の仕事をご紹介下さい。

大学を卒業し、在京の出版社に就職しました。29歳で鹿児島にUターンし、地元の出版社や広告代理店に勤務し、39歳で独立。現在は広告代理店を経営しております。

本業では主にテレビCMの制作をしておりますが、長年鹿児島を盛り上げる面白い企画はないものかと考えていたところに「薩摩剣士隼人」と出会い“これだ”と思い、昨今そのプロデュースを手掛けています。

学生時代のエピソードを教えてください。

鶴丸の体育祭の仮装行列「ドリーム」でテレビ局の記者を演じた友人は、実際に県内のテレビ局の報道デスクになったし、その演出をした友人はプロの演出家として活躍しています。

早くから自分の将来に対するイメージを持っていれば結構成就するものだという実例。

現在の仕事を目指したきっかけを教えてください。

大学時代に学園祭実行委員会で総務部長を務め、パンフレットの制作や広報企画を担当したのがこの分野に興味を持ったきっかけです。

広告営業などお金をもらって仕事をすることの意義や責任を学び、そのたいへんさと楽しさを知ったことがそのまま仕事になっていきました。

失敗からの学んだ事や挫折から立ち直ったストーリーを教えてください。

仕事に失敗はつきものですし、現在も日々失敗と反省を繰り返しています。それが仕事というものですし、それがまた人生だと思います。

よく「やらずに後悔するよりやって失敗したほうがいい」といわれますがまさにその通りだと思っています。“泣こよかひっとべ”です!

これからの目標(夢)を教えてください。

本業にあっては、年齢に負けず常に新しいアイデアや表現の切り口を探し続けていきたいと思います。

もうひとつのテーマである「薩摩剣士隼人」は来年海外での放映を目標に活動していきます。このコンテンツを媒体として鹿児島の素晴らしさをPRしていきたいと考えています。

鹿児島(出身)の学生にエールをお願いします(^ ^)!

ネットの普及により距離や地域性による優劣はさほど問われなくなってきました。

鹿児島にいても多くの情報に接することができますが、ネットやメディアなど誰かが提供した情報を鵜呑みにせず、県外や海外に積極的に出て行って自分の目や耳で触れ、体験し、自分の中に様々な角度の物差しを培って欲しいと思います。

小野 大
小野 大
小野 大
小野 大
HOMEへ HOME